牧場の紹介乳搾りやバターづくりなどの牧場体験について生乳100%のジェラート紹介牧場直結ジェラート工房アルトピアーノについてイベント日程牧場ブログ


久保アグリファームについて


牛にも人にも優しい牧場を目指して

良質な牛乳を生み出すために、牛たちには「サイレージ」をエサとして与えています。
サイレージとは、天日で乾燥させた牧草をフィルムで包んで発酵させたもので、
自然の乳酸菌を豊富に含んでいます。胃の中で水分になってしまう生草は控えています。
また、サイレージはなくべく自家牧草で賄い、輸入牧草はなくべく避けています。
研究を重ねて、乳の成分となる穀物との配合も計算しています。

 

1941年。創始者の故・久保政夫が雑木とクマザサに覆われたこの地を自ら開墾。
そこから(株)久保アグリファームの歴史が始まりました。詳しくは創業の歴史をご覧ください。

土は生命の胎盤である」といったことがあるように、土は地球上のほとんどすべての生命を育んでいます。土自身が生物を生み出すわけではありませんが、生物界の培地としての役割を担っているのです。そこに生息する生き物が暮らしいやすい環境を作り、農業のもとである土と、土の健康のことを忘れてはいけません。品質や栄養価の高い食品を生産するには、作物自身が健康でなくては!



そして、牛に愛情をこめて接し、できるだけストレスを排除して牛の健康を管理しています。


画像の downloadに時間がかかります。



 
 


アルトピアーノのジェラートがおいしいわけ

「生乳の質で味が決まります。」

私の(まーさん)父であり、牧場の創始者でもある久保政夫は『搾りたては満月、時間が経つほど欠けていく』
と言いました。(時間経過により鮮度が落ちる)
久保アグリファームの敷地にあるジェラート工房(アルトピアーノ)。生乳生産の場と工房が隣接していることが、美味しいジェラートを可能にしています。
 牧場以外で生産されるジェラートは、多くが酪農家間の合乳であったり、生乳生産からの製造日までの日数が長く生乳の劣化があります。(牛乳も刺身や野菜同様に鮮度が命です)
 (株)久保アグリファーム(アルトピアーノ)はつねに乳牛の基本である、草をお乳に換える生産理念(土・草・牛)を継承し続ける事が美味しいジェラートの基本理念です。

低温殺菌へのこだわり

場内のショップでも販売している久保アグリファームの名物商品
「久保正彦の低温殺菌牛乳」。
低温殺菌とは、65℃で30分かけて殺菌する方法で、酪農の本場ヨーロッパでは主流です。日本では多くの場合、120〜135℃の高温で1〜3秒間熱して殺菌する方法が採用されています。当然、低温殺菌の方がタンパク質の変化が少なく、牛乳本来の味を楽しめます。

低温で殺菌するには、もともとの殺菌数が少なく、鮮度が高くて良質な生乳でないと難しいのです。
生乳は鮮度が生命線。健康で幸せな牛の乳でなければ、品質は確保できません。

 



低温殺菌牛乳は手間ひまかかります。
鮮度確保のためには長距離輸送は難しく、賞味期限も短かくなります。
ですが、飲んでくださる方がいてこそ。
自分が「こんな牛乳は飲みたくない」と思うものはお届けできません。
「安心・安全・おいしい」は当然のこと。
生産者の想いを牛乳に込めて初めて、美味しさを共感できるものと信じています。

(株)久保アグリファーム 代表 久保正彦

美味しいジェラートは美味しい牛乳から

久保正彦(まーさん)が自家牧草で育てた牛のミルクを使い、
牛乳本来の味を活かした濃厚さと深いコクが楽しめるジェラートは牧場内ショップ「アルトピアーノ」で
お楽しみいただけます。

消費者の方が酪農・農業に興味関心を持って頂くのに、実際に牧場に来て頂いて牧場搾りたてのジェラートを食べて頂くのが一番の近道だと思っています。作り手の思いも一緒に食べて頂けるように、安心で更においしいものを提供していけるよう努力してまいります。

一番のこだわりは、素材そのものです。
ジェラートに使っている牛乳は低温殺菌で処理され、生乳に一番近い味をお届けしています。
チョコはベルギー産、抹茶は京都から仕入れています。そのほかの素材も厳選したものばかりです。
素材には絶対に妥協したくないですから。

ジェラートは牧場内のアルトピアーノでご賞味いただけますし、オンラインショップも充実していますので、本物の味をご家庭にお取り寄せいただけます。ジェラートを通じて感動を


創業の歴史


明治38年広島県佐伯郡砂谷村(広島市佐伯区湯来町)に生まれる広島県の西北部、佐伯郡湯来町、当時の砂谷(さごたに)村で、代々の地主をしてきた二男として生まれた久保政夫は、文学や芸術を愛する多感な少年であった。

広島県立第一中学に難なく合格した政夫だが、文学への憧れから中学を中退し上京する。ところが、都会の生活が体に合わず、腎臓を病んでしまう。ちょうど机上の文学への不満が高まっていた時期でもあり、生産の場から生まれる新しい文学を求めて酪農の島、八丈島に渡った。
 ▲(株)久保アグリファーム 創設者 久保政夫

ときに昭和5年、政夫が27歳のときのことだった。

島の安価な牛乳は何よりの薬だったのだ牛乳を飲み、健康の回復を待ちながら、いつしか政夫は人間の身体を健康にするこの栄養豊かな飲み物に魅せられていく。思えばこれが、政夫と牛乳との運命的な出会いだったのである。 こうして政夫の島での生産の日々が始まった。


昭和18年頃の手による開墾

県民修練の人たちによる開墾

久保農場の元祖の牛

牛を育て、乳をしぼり、農家の人々の意識を掘り起こした。新しい農業づくりに精魂か たむけて10年。八丈島の過酷な自然条件を克服して農場を築き、島民からも師としてあおがれるようになった頃、妹の死を知らされて帰省。そのとき郷里の貧困を目のあたりにして、大きなショックを受ける。
昭和16年郷里の貧困を救うため、島で結ばれた久子夫人とともに乳牛23頭をつれて帰郷。酪農による新しい農村づくりをめざして、雑木と熊笹におおわれた高原にくわを入れた。
広島県酪農史に輝く(株)久保アグリファームの歴史は、この日から始まったといって良い。
その後もミルクプラントを建設して直販システムを確立し生産から消費に直結する新しい農業をスタートさせるなど政夫は常に未開拓の事業に挑戦し続けてきた。


昭和38年頃の大規模な造成

当時では珍しいトラックター

ブルトーザーによる木の根起こし


「酪農と人間」著書より抜粋 神田三亀男(元広島県職員)


イベントカレンダー

久保アグリファームの紹介

乳搾りやバターづくりなどの牧場体験

アルトピアーノのジェラートを地方発送いたします!

お店紹介〜ジェラートやソフトクリーム、砂谷商品がラインナップ

牧場ブログ

湯来町map